グラベルロード組んでみた (Nesto Gavel)

Nesto Gavel

先日、って言っても結構前ですが、グラベルロードを1台組みました。中古のフレームをメルカリで買って、家にあったパーツを組み合わせて、足りないパーツは購入して、自分で組み上げました。

組んだ動機は相当ヨコシマで、一つは自転車でラーメンを食べに行きたかったから。ラーメン屋は駐車場のないところも多いですし、なにより自転車で行くことでラーメン食べちゃう罪悪感を帳消しにできるのがポイントです。もう一つは自転車で近所の市場に買い物に行きたかったから。ウチの近所にある市場はいつも駐車場がとても混んでいて気軽に車ではいけないのですが、自転車なら渋滞、駐車場待ちに巻き込まれることもなく快適です。どちらもSuperSix Evoでも行けないことはないのですが、やはりゆるゆるの乗り方はあまり似合わないマシンなので、ちょっと力の抜けた自転車が欲しかったのです。

メルカリで探したフレームはNESTOのガベル。下のNestoのホームページから拝借した写真は明るい色ですが、私が手に入れたのはマットブラックにシルバーのロゴが入ったフレームです。

NESTO – ネスト
NESTO(ネスト)は『NEXT STANDARD』をコンセプトに、毎日の生活をより豊かにするスポーツサイクルを展開するブランドです。

ほとんど傷がないきれいなフレームでお値段は4万円。買った時はフレームとステムとシートポストだけのはずでしたが、引き渡しの時にハンドルとタイヤ、ディスク付きのホイールもおまけでタダで付けてもらって、ホントにお買い得でした。スモールスタートとしたかった私には最高のセットです。

STIとリヤディレイラー、スプロケットは家に転がっていたシマノ105の5800系のパーツを取り付けました。これで11速仕様になりました。

フロントはグラベルや荷物を積んでの登りも想定して、どうしてもシマノGRX FC-RX600-2の46X30Tのチェーンリングと165mmのクランクを使いたかったので、しばらく中古を探しまくりましたが、世界的なパーツ不足の状況ではお手頃な中古は全く現れず、しょうがないので新品を購入。2か月近く待ってようやく納品されました。リヤのスプロケットは11-32Tですので、ローギアF30R32の超乙女仕様です。165mmのクランクはSuperSix Evoの170mmクランクと比べて足が回しやすいです。力がある方ではないですし、スピードより快適性重視なので165mmで正解でした。

フロントのクランクにGRXを使うとチェーンラインの関係でフロントディレイラーもGRXにする必要があります。こちらは運よくメルカリで中古良品を発見・購入。

ブレーキは整備の容易さや輪行時の手間を考え、最初からメカニカルディスクにしようと決めてました。あまり最初から大量のお金を突っ込みたくなかったので、評判はイマイチでしたが、テクトロのMD-C550の新品のセット(FRキャリパーと160mmディスク2枚)をヤフオクで購入。組付け後、最初は微調整を繰り返しましたが、一度セッティングが出てしまえば結構普通に使えてしまって、もうこれでいいやという感じ。(この自転車ではそんなにスピードも出さないですし。)

ペダルはそもそもこの自転車のコンセプトに沿って、気楽にスニーカーでラーメンを食べに行けるように片面SPD片面フラットのものをチョイス。Amazonで比較的堅実そうな中華を選びました。結果から言うとコレは大正解。クリートの掴みも良く、剛性感の高い非常に使いやすいペダルです。ちょっと重いけど許容範囲。

その他、バーテープやボトルケージも手じかにあったものを利用。部品が全部そろってから1週間ぐらいかけてちょっとずつ組んでゆき完成。2個のボトルケージまでつけた状態で、総重量10.7kg(測り方結構適当です)。思ったよりも軽いです。おそらく付いてきた純正のハンドル、シートポスト、ホイール、タイヤは激重の部類に入ると思うので、まだまだ削りしろ一杯です。総費用は75000円くらいととても安く仕上げることができて満足です。

当面はこのまま乗ってみることにしました。徐々に軽量化やパーツ交換をしてゆくつもりです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました