カリカリ異音のBB30 対策してみた (急)

BB30

(前回、前々回のあらすじ)自転車を購入して1か月、お約束のBB30のカリカリ音が発生。一番お手軽な対処法として、ベアリング内部のグリスアップをしてみたらカリカリが直ってしまってめでたしめでたし。と思っていたら、ちょうど1か月後再びカリカリ音発生。イザ!と新品ベアリングと高粘着消音グリースを使ってベアリング交換とその他箇所のグリスアップ。これでドヤッ!と試乗してみたら前よりもカリカリ音が酷くなってしまいBB30との別れを決意。シマノBBと変換アダプタ、105クランクをポチって到着を待っていたのだが…

というわけで、BB30からSHIMANO BBに換装するためのパーツ類をバンバン、ポチっていきます。まずは105のクランク、FC-5800。現行一つ前ですが、もともと私のCAAD8は5800ベースですのでOK。こちらはバイチャリで送料込み8900円。程度よろし。次はFSAのBB30 JIS 68mm 変換アダプター。フレームのBB部分に圧入・接着してJIS規格BBを使えるようにするためのアダプターです。メルカリで新品、送料込みの2100円。最後はシマノのアルテグラグレードのBB、SM-BBR60。こちらは新品アマゾンで2109円。(BBって担っている仕事の割にはずいぶん安い感じがしますね。)

そんなわけで、まあ大体13000円くらいで準備完了。高いのか安いのか微妙な投入金額ですが、これでカリカリ音とサヨナラできると思えば、なんとか許容できる金額です。

それらパーツを待っている間はCAAD8に乗り続けることにしました。もうどうせしばらくしたらBBは交換してしまうのですから、カリカリ音を気にする必要もありません。登り坂もガンガン上りました。気にしないようにすると不思議なものであまり気にならなくなってきます。

2、3日して最初に買った105クランクが届きました。そして、BBと変換アダプターも到着し、いよいよ週末にはBB30とさようならです。

105 FC-5800クランク 仕上げがきれいです
FSA BB30 JIS 68mm 変換アダプター
シマノBB SM-BBR60 箱から出してみて軽さに驚きました

もうカリカリ音も全く気にならなくなりました。

ん?

気にならなくなったと思っていたのですが、よくよく注意して音を聞いてみると、カリカリ音がほとんど聞こえなくなっています。正確にいうと、聞こえないのではなくカリカリ音が発生していません

ナンナンデスカ、コレハイッタイ?

もしかして治っちゃったんですか?ベアリング交換した直後に発生していた盛大なカリカリ、パキパキ音はなんだったんでしょう?考えられるのは、交換したばかりのベアリングが微妙にずれていたり座りが悪かったりしたものの、乗っている内に馴染んできて音がしなくなったということなんでしょうか?または、グリスがいい具合に入り込んで音がしなくなっている?当然、私にはわかりません。それに、コレはホントに一時的な現象でしばらくしたらまたカリカリいいだすのかもしれません。でも、今音が出ていないのなら、ここで敢えて貴重な時間をつかってBBとクランクの交換をする必要はないでしょう。シマノBBへの交換は再び音がしだしたときにこそ交換することにします。

と、考えながら乗って早2か月、1500kmくらい。カリカリ音はなんといまだに発生していません。(激坂をアウターx8速のようなアホなギアで登ってみたりしたときにちょっとミシミシって音がしていたような気がしますが、そういう乗り方はまずしないので私の実用上はほぼ無音です。)

そして、私の手元には行き場を失った105クランクとBB変換アダプタ、シマノBBがあります。次にカリカリいいだしたら速攻変えるつもりですが、果たしてその日が来るのかちょっと怪しくなってきています。BB30、いろんな意味でなかなか手強い相手です。

ここまででの教訓

  • BB30でカリカリ音がしたらベアリング交換。グリスはちょう度の高い消音グリス
  • ベアリング交換した直後に盛大にカリカリパキパキ音がしてもしばらく我慢してみる

以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました