初めての100kmライド やってみた (ラーメン&パンケーキ)

ライド

初めての100kmライド、実行の日がやってきました。数十年ぶりのまあまあな距離で一体何が起こるのか想像もつかずドキドキです。

朝8時に横浜の自宅を長男と出発します。快晴で気温も低すぎず快適そのもの。と思ったら、まだSPDに慣れていない長男が信号待ちで立ちごけしてました(笑)SPDの立ちごけは昔自分も結構やったのでなぜそうなるのかは理解はできます。でも、車道側への立ちごけは命にかかわるので、「倒れるなら歩道側にしろ」とまああまり意味のない指導。辻堂と茅ヶ崎の中間あたりで相模湾沿いの134号線に出るまでは軽いアップダウンがある22km、1時間ちょっとでした。海岸に出たところで小休憩。

こちらの砂浜沿いのサイクリングロードを行こうかと思いましたが、人が多いため国道に戻りました

スマホのGoogle Mapの使い勝手があまり良くなく難儀した点以外は今のところは非常に順調です。(Ride with GPSで作成したルートをGPXファイルで出力してGoogle Mapのマイマップにインポートし、それをスマホのGoogle Mapアプリから呼び出して使っていたのですが、自分の現在地点を常に地図の中心に置いておく手順が今一つ良くわからず何回もやり直していました。未だにそれをスマートに実現する方法はよくわかりません。)

再出発してから大磯までの12kmは134号を西へまっすぐ。途中相模川を超える湘南大橋で軽い登りがある以外はほぼ平坦。良いペースで走れます。大磯で134号から国道1号に入り、1kmほど進んだ先のコンビニで休憩。店頭にはサイクルラックが置いてありました。海岸沿いを自転車でやってくる人が多いんでしょうね。ここまででもう35km、経過時間は1時間50分です。残りは15kmですから、1時間もかからず到着しそうです。

国道1号の大磯から国府津までの区間は134号に比べれば起伏があります。登りはさすがに余分な脂肪を背負っていない中学3年生の長男の方が圧倒的に速くて、何回も結構な先行を許しては信号や下りで追いついていきます。

小田原市に入りました

国府津から先の6kmは再び平たんになり小田原市外に入っていきます。家を出てから2時間45分後、10時45分に無事に目的地のラーメン屋「桃の屋」さんに到着しました。走行距離は51km。人気店なので開店前に到着できて良かったです。前に一人で待っている人がいましたが、開店と同時に入店できました。

桃の屋、醤油ラーメン。これを目指して走ってきたことに後悔無し

ラーメンを食べ終わって、すぐに帰路についちゃうまさにとんぼ返り。来た道をそのまんま戻るだけですが、流石に往路よりはペースが落ちます。スタートから13km、大磯プリンスの裏側当たりのコンビニで20分ほど休憩します。ここら辺から長男が「お尻が痛い・・・」と訴え始めました。しかし、いまさら何をどうすることもできないのでとりあえず出発。痛みがひどくなってきたら都度休憩を入れることにします。

そこから10km、相模川の橋を渡るまでは同じくらいのペースで走っていたのですが、そこから徐々に長男が遅れ始めました。私が先行して5kmほど進むと完全に長男が離れてしまいました。停止して5分くらい待ってもやってきません。しょうがないので700mほど戻ってみるとヘロヘロになった長男がノロノロ進んできます。お尻が痛くてたまらないそうです。(実は4~5日前に友達のMTBでウイリーの練習をしていて、思いっきりお尻を打っており、その痛みがまだ残っていたそうです。それで70km以上走ればそりゃどんどん痛くなるよね。)

しかし、その地点から次の休憩ポイントの江の島のパンケーキ屋、Eggs’nThingsまでは5kmを切っていましたので、あとちょっと頑張れば柔らかい椅子に座ってホイップクリームのたっぷりのったストロベリーパンケーキが食べられるぞ、と励まして再出発。ゆっくりなペースではありましたが、何とか到着。

体力ギリギリでEggs’nThings到着

Eggs’nThingsでは、定番の「ストロベリー、ホイップクリームとマカダミアナッツ」パンケーキとアサイーボウルを注文。周りがカップルばかりの中、汗臭い親子はやややるせない感じでしたが、ヘロヘロに疲れたときのホイップクリームたっぷりパンケーキは最高ですね。ゆっくりと休んだ後は長男も復活。その後は2人とも順調に最後の20kmをこなし、午後4時過ぎに無事に自宅に到着しました。私は最後の方お尻がちょっと痛かったですが、その他特に問題もなく完了。初の100kmライドとしては上出来です。

ストロベリー、ホイップクリームとマカダミアナッツパンケーキ
アサイーボウル
これで体力復活!

コメント

タイトルとURLをコピーしました