冬支度してみた

サイクルウェア

乗り始めてから2週間くらいたって、急に冷え込みが厳しくなってきました。それまでは手持ちのTシャツと薄手フリース、スウェットパンツにオートバイのメッシュグローブで快適に過ごせていたのですが、朝の気温が10℃近くになってくると、流石に厳しいです。上半身は家にあったウィンドブレーカーで対応。しかし、下半身と手は対策がありません。

手の指は朝乗り出してすぐが厳しいです。指先が痺れますね。ただ、10分ぐらい乗っていると血流が良くなるのか、そんなに辛くはなくなります。ただ、オートバイ用のメッシュグローブもボロボロになってきているので、ちょうど良い機会ですので冬用のサイクリンググローブを買うことにします。

さらに、盲点だったのが足(靴)。ヤフオクで買ったSPDシューズはメッシュのスケスケ仕様でしたので、走行中の冷たい風で足の指先がかじかんできます。しばらく乗っていると身体は温まってくるのですが、足の指先はダメですね。汗かいてフーフー言いながら帰宅しても、足の指先だけは冷たく痺れています。これは対策しなくては。

またもや、Amazonの「価格の安い順」検索。今回導入したのはこの3点。

ROCKBROS サイクルグローブ
おたふく手袋 ボディータフネス 防風パワーストレッチ
CXWXC 自転車用 シューズカバー

ROCKBROSのグローブは今回は正式にROCKBROSとして販売されているもの。デザインも非常にいいですし、造りに手抜き感がありません。振動吸収用のパッドも仕事してくれますし、肌触りも素晴らしいです。肝心の防寒性能ですが、5℃くらいまでは大丈夫でした。販売ページにも限界温度5℃って書いてありますから偽りはありませんね。秋から初冬、春先にばっちりな感じです。厳寒期の朝晩は厳しいと思います。

次にスウェットの下に履く防風タイツ。こちらは正真正銘の日本ブランド「おたふく手袋」のボディータフネス 防風パワーストレッチタイツ。表面がポリウレタンコーティングされていて風を防いでくれます。良くストレッチする生地なのでフィット感も上々。毎朝履いてる薄手のスウェットとの相性がいいです。ただ、ポリウレタンでコーティングしちゃってますから、一部通気性のよさそうな生地を組み合わせているものの、速乾性はあまり高くなく汗かくと内側にこもります。私の朝のライドの様に出かけてから基本止まらずそのまま家に帰ってくるような使い方なら気にならないでしょうけど、長い休憩入れたりするような走り方だと冷えちゃったりするんでしょうか?(やってないからわかりません。)しかし、縫製はいいし、防風の機能も十分で2000円を切る値段は立派です。私はライド以外でも、屋外で長時間過ごすときなどにも使っています。(ヒートテックより断然強力です。)

そして最後がCXWXCの防水防寒シューズカバー。CXWXCってなんて読むのかわかりませんが、こちらも中華の自転車用品ブランドのようです。ROCKBROSと同じくある程度のブランドの確立に成功しているようで、製品の作りもよく格安中華製品にありがちなやっつけ感がありません。この製品も、MTB用とロード用に若干作りを変えて販売しているようで真剣に製品づくりを行っているように見えます。メッシュのSPDシューズにこちらを被せて利用するわけですが、毎朝ブーツにこれを被せるのはとてもめんどくさいので基本つけっぱにしてます。私のシューズは紐で締めるタイプですのでつけっぱでも最後に紐で締めればそれなりに全体が締めこまれ問題ないのですが、2~3本のベルクロストラップで締めるタイプのシューズだとこのカバーを被せた後につま先の方のストラップを締めるのはちょっと大変かもしれません。その場合は、めんどくさくてもシューズを履いてからカバーを被せることになりますね。メッシュのシューズでは痺れていたつま先がかなり暖かくなりました。ただ、これ履くと足元だけやたら「やってる人」感がでてしまい、スェットパンツやその他、私の適当な服装のアンバランス感がすごいです。私は気にしませんが、奥さんにはとても気になるようです。

コメント

  1. […] オリジナル冬装備で買ったRockbrosの冬用グローブは5℃くらいまでは何とかイケたけど、こちらは今までのところマイナス2℃までイケてます。流石です。なぜ、いきなりこんな高級品を買う気になってしまったかというと、Wiggleっていうイギリスの通販サイトでセール品を見つけたから。同製品を日本で買うと安い通販でも8000円以上するんですけど、Wiggleで私が買ったときは5700円でした。これはお買い得ですね。自転車乗り始めて感心したのは、海外通販サイトの出来の良さです。数社有名どころがあるようですが、日本語対応、日本円への換算は当たり前。送料が無料となる最低金額もびっくりするほど安いです。オートバイパーツや用品だと、購入金額による送料無料の仕組みがあるサイトでも600ドルとか買わないと日本への送料は無料になりません。それに比べて、Wiggleなら9600円ぐらいで送料無料となる敷居の低さ。結果、日本からの買い物もかなり多いらしく、製品のレビュー欄に日本語のレビューコメントが並びます。すごいなぁ。 […]

タイトルとURLをコピーしました