神アプリ、Ride with GPS 使ってみた

アプリ・サービス

無事に自転車にスマホを搭載できたので、今度はスマホの活用方法を考えます。

まず試してみたかったのが、ガチ勢の友達に教えてもらった「Ride with GPS」というアプリとサービス。

いや、まさにびっくり神アプリ。ジャンル問わずここまでの完成度の無料アプリまずないです。走行中にスマホにインストールしたアプリで、トラック、距離、スピード、経過時間、獲得標高などが記録できます。記録は終了後すぐにサーバーにアップロードされるので、後でゆっくりWebで詳細を確認することができます。信号で止まったりすると、アプリの計測も一時停止するから、信号で止まりまくったりしても平均時速の計算もグズグズになりません。食事で1時間くらい休憩した時なども、一時停止のまま次に動き出すのをおとなしくじっと待っていられる良い子です。

Web版のサービスでは、無料版でもルートプランナーを使うことができるのですが、このルートプランナーの機能と使い勝手がホントに素晴らしいんです。まずは出発点をクリックしてから、通過点をどんどんクリックしていって、最後に目的地をクリックするだけ。そこまでの距離と時間、さらに経路の上り下りがグラフで表示されます。ただ、全部サービスのアルゴリズムに任せると、かなり獣道系の選択をするので、その通り実走するとかなり時間がかかります。そこで、大体の場合、走りやすそうなルートに自分で微調整を行うのですがこの微調整もドラッグ&ドロップ的な感覚で行えるのでとても簡単。勾配のきついルートを迂回して楽なルートへの変更もOK。作成したルートはサービス内に保存することができ、また後で呼び出して加工したりすることもできます。気を付けないと半日くらいは余裕で妄想プレイできます。これが無料で楽しめるんですから、もう他のサービス探すのやめました。

横浜から富士山への妄想ルート。ルート作ると行ける気がしてくるから危ない

1年に$50ドル払って、有料ベーシックコースに入ると、作成したルートをスマホのアプリに送って、スマホでナビゲーション機能を使うことができるようになります。また、オフラインマップも利用できるようになります。かなりよろめきましあが、それらの機能はひと手間かけて他のアプリやサービスを組み合わせることで、代替手段がありますからまずは無料版で十分です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました